クレアホーム トップ> 建築家と建てる

特設ページ

建築家と建てる

家族のカタチはそれぞれ違うのに、画一化された家なんておかしい。 1人1人の幸せを叶える家、それが建築家と建てる"Cデザイナーズ"。

Cデザイナーズとは

クレアホームの家はすべて一流の建築家がデザインするデザイナーズハウスです。
Cデザイナーズは、高いデザイン性と住みやすさを両立し、しかも画一的でなく、
個性やライフスタイルを活かした家づくりを実現するために私たちが辿り着いた答えです。
お客様は作品事例や面談を通して感性や価値観を共有できる建築家をお選びいただけます。
設計、施工をプロフェッショナルに特化し、かつ有機的に結びつけることで理想の住まい
づくりをご提案する全く新しい家づくりのかたちです。

Cデザイナーズの概念図

建築家と家を建てるメリットって?

もしあなたが最高の料理をつくりたいと思った時、一流のシェフの書いたレシピとレストランで働く素人の
ウェイターが書いたレシピがあったらどちらを選択しますか?紙に書かれたレシピを比べてみても違いは
よくわかりませんが、実際に出来上がる料理はまるで違ったものになるはずです。家づくりにおいてもこれと
同じことが言えます。

建築家と家を建てる最大のメリットは、実際に出来上がる建物の質がまるで違うということです。
ハウスメーカーや工務店などでは、営業マンがヒアリングをして、お客様と間取りを決め、
それをそのまま社内設計士が図面化するというようなことがよくあります。 図面上は一見うまく納まって
いるようでも実際に完成した時、建築家のつくる家との差は歴然としています。それは空間に対する想像力、
光や風の読み方、生活動線に対する注意深い洞察など、さまざまな面で感性・知識・ノウハウに大きな差が
あるからです。

一流シェフのつくる料理が人を幸せにするように、一流の仕立て屋がつくった服が心地いいように、一流の
音楽家が奏でる曲が人を感動させるように、一流の建築家がつくる家もまた特別なものです。

どんな建築家がいますか?

優れた建築家の条件とは何でしょうか?
空間の構成力、素材の選び方、色彩的な感覚、ディテールのデザイン力、法律の知識、建主の要望を正確に
理解するためのコミュニケーション能力、コスト管理能力等々、実に多肢にわたります。
そして何よりも大事なのが、一緒に家づくりをするのが楽しくなるような人柄ではないでしょうか?

建築家の人柄は何よりもその作品に如実にあらわれます。作品性を追求するあまり住まう人の視点が欠けていたり、
奇抜さばかりが先走りコストや強度の観点が無視されていたりするケースも決して少なくありません。

建築家の選定にあたり、私たちは都内だけで500名を超える建築家を検討しました。
500名を超える建築家の中から選び抜かれたCデザイナーズの建築家の作品に触れてみてください。
ダイナミックさの中に繊細さが同居し、シンプルでありながら平凡でなく、心地良さと共にいつまでも新鮮さを失わない、
そして何よりもすべての作品に"優しさ"が溢れています。住まう人への思いやりと家づくりに対する真摯な姿勢が作品
から滲み出ています。現在、第一線で活躍している人気建築家が10名参加していただいています。

建築家だと設計料が高くなりませんか?

たしかに通常の設計料よりは高くなります。
しかし、Cデザイナーズはただ建築家を集めて紹介するためのシステムではありません。
誰もが、気軽に、建築家と建てる理想の家を実現できるようにすることを目的としています。
建築家の設計監理料は一般的には建築費の10~15%ですが、Cデザイナーズでは建築家の協力の下、
設計・施工・監理の業務を最適化することでシステムとして大幅にコストを軽減することができました。

他社との違いは何ですか?

  • 第一に参加していただいている建築家のすばらしさです。建築のプロから見て、本当に住まう人のことを考えた
    暮らしやすく美しい住まいづくりを実践されている建築家が参加しています。
  • 一般的な建築家紹介システムとは根本的に異なります。Cデザイナーズは建築家と工務店が融合した新しいかたちの
    家づくりです。仲介・プロデュース会社が間に入るわけではないので、仲介料やプロデュース料など不要なコストは
    一切発生しません。
  • Cデザイナーズは、建築家とクレアホームが1つのチームとして信頼関係を築いています。
    建築家と工務店をその都度組み合わせるのと違い、コミュニケーション不足によるミスや時間ロスがありません。
  • 建築家と工務店がばらばらに業務をする場合、作業の重複などで非効率な部分が残ります。
    Cデザイナーズは、建築家と工務店の仕事を見直し、業務を最適化することでコストを劇的に抑えています。

このページの先頭へ