クレアホーム トップ> 私たちのコンセプト> 耐震性を極めるコンセプト

私たちのコンセプト

耐震性を極めるコンセプト

耐震性を極めるコンセプト

クレアホームの家は木造最高レベルの耐震性を実現しています。
基礎から屋根にいたるまで1つ1つの要素に徹底してこだわった妥協しない家づくり。
地震に対して何をするべきか、その答えがここにあります。

地震に対して行うべきこと

木造住宅の耐震計画において重要なことは、

(1)強固な地盤の上に、

(2)垂直荷重や地震時の衝撃を効率よく地盤へと分散する強い基礎を造り、

(3)バランスの取れた平面・立面計画で、

(4)家全体を「線(柱)」だけでなく「面(耐力壁)」で支えるモノコック構造とし、

(5)水平剛性の確保によるねじれ防止と、

(6)木材の劣化による強度の低下を防ぐための適切な材種の選択と腐朽対策、

(7)さらに接合部の強度を確保するための適正な接合計画(金物工法)を行うこと、

が挙げられます。

これらは各々が相互補完的な要素が強く、どれか1つが欠けても重大な欠陥へとつながる可能性があります。

クレアホームの施工エリアは、周期的に見て、もういつ大地震が起きてもおかしくないと言われる関東エリアにあります。耐震性に万全を期すことはお客様の生命と財産を守る場所を託された私たちにとって最大の使命です。

地震に対して行うべきことすべてにおいてお客様に胸を張れる最高レベルの品質を実践しています。

地盤調査及び地盤改良

スウェーデン式サウンディングまたは表面波探査法により第三者機関の調査を行います。
軟弱地盤が疑われる場合は、ボーリング調査によってさらに詳しく調べます。
そして必要と判断された場合には、適切な方法により地盤改良を行います。
クレアホームでは、すべての家で第三者機関による地盤保証が付帯します。

ベタ基礎

基礎は、地盤に施工された鉄筋コンクリート全体で建物を支えるベタ基礎構造です。
地震や台風などの衝撃を効果的に地盤へと逃がします。
地面をコンクリートで覆うため、地面からの水蒸気やシロアリを防ぐ効果もあります。

基礎パッキン工法

基礎と土台の間に厚さ2cmほどの「基礎パッキン」を一定の間隔で挟み込む「基礎パッキン工法」を採用し、床下の全周換気を可能にしています。

従来のように基礎を欠きこんで換気口を設ける方法に比べ、基礎部分の耐力の低下がないため、より地震に強く、またムラのない全周換気が可能になることで1.5~2倍の換気性能を発揮し、建物の耐久性を高めます。

コンクリート強度

クレアホームではコンクリート強度を「24N/mm²」に設定しています。
建築基準法の基準値は「18N/mm²」ですので1.33倍の強度になります。

コンクリート強度は、単に基礎の強さだけでなく、住宅の耐用年数にも影響します。
24N/mm²の場合、大規模補修不要予定期間は65年、供用限界期間は100年といわれていますが、18N/mm²になると、大規模補修不要予定期間30年、供用限界期間65年とかなり短くなってしまいます。

これだけ大事な部分でありながら見過ごされることが多いのですが、クレアホームは徹底してこだわっています。200年住宅仕様では、、さらに「30N/mm²」まで強度を上げています。

コーナーハンチ

地震時のねじれによって負荷が集中する基礎の四隅にベース部分を設け補強します。
基準法に特別定められているわけではないのであまり行われていませんが、確実に基礎の強度は上がります。

基礎巾150

通常は120mm(フラット35仕様)ですが、クレアホームでは基礎巾150mmを標準にしています。広い基礎巾は、強度の点からも、また、基礎の耐久性に影響するかぶり厚の確保の点でも有利です。

アンカーボルトピッチ

通常2700mmピッチで打つアンカーボルトをクレアホームでは1820mmピッチで打つことで、基礎と土台をより強固に接合します。

鋼製束

床束には鋼製束を900mmピッチで配置して、大引きと基礎ベース部を連結し、建物の荷重をバランスよく地盤へと伝えます。従来の木製の床束は、縮んだり、腐ったり、シロアリに食われたりしますので使いません。

耐震性を考慮した平面・立面計画

耐震性を高めるためには、建物の重心と剛心(ねじれ振動の回転軸)のズレをできるだけ小さくする必要があります。設計の段階からバランスの取れた平面・立面計画、耐力壁の配置を提案します。

地震に強いモノコック構造

壁強度は、まず筋交いのみで国の基準値をクリアし、さらに建物の外周面全体を構造用耐力壁で支えるモノコック構造とすることで通常の壁強度の2倍以上を確保しています。

甲乙梁

通常の根太を使用した工法ではなく、梁・大引を910mmピッチで縦横に組んだ甲乙梁構造を採用しています。より丈夫で耐震性にすぐれた剛床構造の基礎となります。

1階・2階ともに剛床構造

耐力壁によるモノコック構造では、建物のねじれ圧力はむしろ強くなります。
ねじれに対する水平剛性を確保するには、床構面の強度アップが必要不可欠です。

クレアホームの2階床構面は24ミリ構造用合板+PB9.5ミリ+無垢15ミリと48.5ミリを実現。また通常1820mmピッチで組む骨組みを910mmピッチで組むので通常の4倍となり、強度や遮音性の面でも非常にプラスになります。

さらに1階構面にも同じく24ミリ構造用合板を使用した剛床構造としているので、耐震的にも、また長期的に重たいものを載せても安心です。

震度7に耐える耐震金物工法

木造在来軸組工法の最大の弱点は、仕口・継手といった接合部分の欠損にあります。
そのため様々な補強金物が使われていますが、根本的な解決にはなっていません。

クレアホームの採用している耐震金物は、単なる「補強」という枠組みを超えたまったく新しい考え方でこの最大の弱点を克服しています。

在来の仕口と比較して約2倍の強度を誇り、阪神淡路大震災を忠実に再現した三次元実大振動試験によって震度7の大地震にも耐える頑強な耐震性が実証されています。

プレカット

構造材は、CADで設計されたデータをもとにすべて工場にてコンピュータ制御で加工されます。これにより精密な加工が可能となり、より高品質な家づくりが可能となります。

軽量屋根

建物は地震発生時には、建物の重量に比例した力(建物重量×地震層せん断力係数)を受けるので、屋根材は軽いほうが耐震上有利です。

クレアホームでは、粘土瓦などと比較して、住宅1棟あたり約3t(グランドピアノ10台分)もの軽量化を実現したクボタ松下電工の軽量耐風耐火屋根『コロニアルクアッド』を採用しています。

このページの先頭へ