クレアホーム トップ> 私たちのコンセプト> 省エネのためのコンセプト

私たちのコンセプト

省エネのためのコンセプト

省エネのためのコンセプト

現場吹き付け発泡断熱工法

断熱材には、水の力で100倍に膨らむ現場吹き付け発泡ウレタンフォーム断熱材(フォームライトSL or アクアフォーム)を採用しています。

断熱・気密性にすぐれ、経年劣化の少ない最も耐久性にすぐれた断熱材の1つです。
ホルムアルデヒド等の有害な化学物質も発生しません。

また、吸音性が高いため、高気密住宅で問題になる音の反響も緩和します。
もちろん次世代省エネルギー基準に対応しています。

現時点で間違いなく最もすぐれた断熱材の1つと言ってよいでしょう。

断熱樹脂サッシ

サッシはアルミ樹脂複合サッシを採用しています。

外側は耐久性にすぐれたアルミ、室内側が断熱性の高い樹脂製という複合構造で、耐久性を損なわずにサッシ枠の表面結露を防ぐことができる次世代省エネ基準対応の断熱サッシです。

もちろん全室すべてペアガラスです。

浴室・玄関の基礎断熱

キソパッキン工法では、外気の通る床下は室外空間となるため、床面で断熱・気密ラインを設けて室内空間と区別します。

この場合、構造上、床面の断熱・気密ラインが途切れてしまう浴室・玄関周り部分は基礎断熱とし、気密パッキンなどで気密化する必要があります。そうしないと浴室や玄関から外気がどんどん侵入して様々なトラブルの原因になるからです。

基準法に定めがないので疎かにされるケースが多いようですが、高気密・高断熱の家では必須の条件です。

玄関も断熱ドア

断熱性・気密性にすぐれたトステムの断熱玄関ドア「フォラード」を採用しています。

パッシブソーラー設計

最もエコロジーな省エネ対策は、自然の太陽光を活用したパッシブソーラー設計です。

四季により移り変わる太陽の日射角度を計算し、開口部の位置や庇、植栽などを適切に配置することで効率よく自然のエネルギーを活用することができます。

クレアホームでは本当の意味で人にも環境にもやさしいパッシブデザインを提案します。

省エネルギー対策等級4

クレアホームの200年住宅は、住宅性能表示制度で最高ランクの省エネルギー対策等級4を取得しています。

このページの先頭へ